« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

オリーブの花とアメリカシャクナゲ

005_300x400 オリーブの花が咲きました! 初めて見た花です。オリーブは聖書の中にも度々登場します。是非、ご覧下さい。

2枚目は、アメリカシャクナゲの花です。とても幾何学的な形の花です。後谷公園の入り口にも咲いています。ご覧下さい。

003_533x400 6月を前に、「花盛り」第二弾です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジューンペリー

004_300x400 教会入口付近のジューンペリーの実が赤く色づき始めました。ひとつ食べてみたらとても甘くておいしかったです。まだこれからですが、こうした何気ない植物の営みを通して、大いなる神様の御業を思います。

教会に、アジサイが届きました。とても華やかなアジサイです。大切に育ていたと思います。もうすぐ6月、アジサイの季節がやってきます。家の軒先で咲く、色とりどりのアジサイが私たちの目を楽しませてくれるでしょう。楽しみです。

002_533x400 今日は、キングスガーデン草加と川口での礼拝奉仕がありました。齢を重ねた皆さんと礼拝できる幸いは、言葉では表現できません。毎回、私自身がたくさんの恵みと祝福を頂いて帰ってきます。ありがとうございました。今から来月が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

お料理教室

100524_1043551 今日はお料理教室が行われました。テーマは「手早くできるおもてなし料理」手抜きをするという事ではありません。小さなお子さんがいるお母さんたちが、それでも心を込めておもてなしする為のお料理です。

100524_1243041 メニューは、「パエリア」「ミネストローネ」「アップルケーキ」。驚くほど短時間で、しかし美味しく、豪華に作り上げる事が出来ました。

100524_1341451 昼食はみんなでテーブルを囲み、思い思いに話の花を咲かせておりました。

次回は、6月。是非楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

ひかりバイブルクラス&バイブル・クラスⅣ

今日は朝から雨。梅雨を思わせる湿度でしたね。ここ最近は、日毎に季節がシャッフルされているような感じです。そんな風に思いませんか。

さて、午前中は蕨市にあるひかり幼稚舎さんで保護者の皆さんのためのバイブルクラスが行われました。先月に続き雨の中でしたが、お集まり下さった皆さん、心から感謝します。聖書を通して、ご自分と向き合い、励まされたり、戒められたり、勇気を与えられたら素晴らしいなあ、そんな風に思います。

午後からは、教会のバイブルクラスⅣが行われました。このクラスは、読書会です。ある本を読んで、その後感想を分かち合いながら、聖書を学びます。肩を張らずに聖書を学ぶ事が出来ます。是非、ご参加ください。詳しくは、教会へお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

6月の歓迎礼拝!!

来月、当教会では、「歓迎礼拝」を計画しています。

「礼拝」というと少々敷居が高いとお感じの皆さんをお迎えする礼拝です。

是非、お立ち寄り下さい。今回は、「オーボエとピアノの演奏」があります。

礼拝ですから、「聖書からのお話」もあります。世界のベストセラーと呼ばれる「聖書」

をあなたも手に取ってみては如何でしょうか?

日時 6月20日(日)10:00-11:15

場所 戸田福音自由教会  戸田駅西口交差点を南に500m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

バイブルクラスⅢ

100518_1206301 今日は夏のような暑さです。いかがお過ごしですか?

お知り合いのお子さんたちは幼齢菌やおたふくで大変そうです。一日も早く癒されますように。

さて、今日はバイブルクラスのⅢが行われました。急なご都合、お子さんの病気で出席出来なかった皆さんもおられましたが、旧約聖書から学ぶ事が出来ました。

聖書は、私たちに知恵と救いを与えて下さる神の言葉です。出席の皆さんが、聖書を通して神様の恵みを頂いて欲しいと願っています。今日は、どうだったでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

「栄光は主に!」

本日の礼拝の説教要旨をお送りします。

「栄光は主に」創世記14章11-24節

 肥沃な土地を選び、多くの財産を手に入れたロトであったが、敵に襲われ、全てを失う。

 しかしそれを知ったアブラムは、家僕を集め、ロトを襲った王を打ち破り、すべてを取り戻す。圧倒的な強さである。

 凱旋するアブラムを二人の王が出迎える。シャレムの王メルキゼデクはパンとぶどう酒でアブラムを迎え、彼の肉体的な必要を満たし、戦いの背後に主がおられた事を感謝し、主を崇める。

 アブラムもまた、全財産の1/10を奉げ、主への感謝を表し、主の御名を崇める。

 一方ソドムの王は、王としてのプライドから褒美を与えようとする。しかしアブラムはそれを拒み、ソドムの王が自らを誇る機会を奪う。栄光は主のものだからである。

 あなたは自分の生涯の背後にも主がおられる事を知っているだろうか。主はあなたを愛し、祝福しておられる。それゆえ私たちも、栄光を主に帰そう。主を崇め、主に奉げ、主の御旨を聴ききつつ、共に主の道を歩もう。

100516_1221361 本日の礼拝後の一枚!    今日は礼拝後、コーヒータイム、愛餐会の後に決算総会が開催されましたが、真に神の憐れみと支えの中にあった一年でした。すべての栄光を主にお返しします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

バイブル・クラスⅡ

100513_1220471昨日は、バイブル・クラスのⅡが行われました。旧約聖書の民数記から、「人からの批判に対処する方法」を学びました。案外、こういう問題で心痛めている方はいるものです。是非、そのような方は聖書の中から解決の道を見つけてください。応援します。 100514_1329171

以前もご紹介しましたが、「からし種」の木の花がいくつも咲きました。黄色い変わった形の花です。この花を見るたびに、「からし種ほどの信仰」を思わされます。いずれ大きな木になり、鳥が巣を作るようになるでしょうか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

バイブル・クラス

今日は、朝から雨が降り、バイブル・クラスは3名でした。聖書の外観を学び、詩篇23篇を開いて、気がついた事や感じた事を自由に分かち合いました。少ない人数でしたが、とても良い時を過ごす事が出来ました。

今週は、木曜日にもバイブルクラスがあります。どうぞお気軽にお出で下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

蘭の花

皆さんゴルーデンウィークは如何お過ごしになられましたか?先月とはうって変わり暖かな日・・いえ熱い日が続きましたね。私は竜馬伝に触発され横須賀に行き、ペリー公園を訪ねてみました。小さな公園ですが、公園内に資料館があり、当時の様子を窺い知ることが出来ました。印象的だったのはペリーが子ども宛に書いた手紙で、留守を案じるペリーがお母さんやお姉さんの言う事を聞くようにと末娘に勧め、旅の安全を願い、娘たちに祈りを要請をしておりました。日本に開国を迫り、新時代への幕開けに大きな一歩を残した総督ペリーですが、彼のもうひとつの一面を見た思いがしました。いつの時代も父親は父親ですね。

さて、お知り合いから頂いた蘭の花が咲きました。花の名前は聞き忘れてしまいましたが・・・。

100507_1004261100507_1004081           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

キリストの弟子道

100503_1229451 昨日の礼拝は、ゴールデンウィーク中にもかかわらず、アメリカから一時帰国したY兄、S姉のご家族、聖書の学びをはじめたNさん、Yさんといつもより多くの皆さんと礼拝をささげる事が出来ました。礼拝後は、コーヒータイム・・。ゆっくりとお交わりを楽しむ事が出来ました。

礼拝はいつでも皆さんに開かれた場所です。是非、お立ち寄りください。

礼拝説教の要旨をお送りします。

「キリストの弟子道」マルコ8:31-38

イエスはペテロの信仰告白を受け、ご自分に従う弟子としての条件を語られた。

それは第一に、キリストの苦難を正しく理解する事である。キリストは、この世の成功、救いをもたらす為ではなく、神との和解、罪からの救いをもたらす為に苦難の道を歩まれた。

第二に、自分を捨てる事である。罪に陥った人間は本質的に自己中心であり、自分の成功や利益を利己的に追及する。イエスはそんな人間に悔い改めと神中心への方向転換を求められた。その方向転換こそ神の事を思う事であり、自分を捨てる事である。

第三に、使命に生きる事である。キリストは十字架を背負い使命を果たされた。人にはそれぞれ天が賜る使命がある。その実現の為には苦難も多い。しかし神はあなたを通してご自身の栄光を表される。

十二弟子は命をかけて福音を伝えた。あなたはどのようにして神と人とに仕える事が出来るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »